井の頭線に新放送か

本日井の頭線に乗車していたのですが、耳を疑う自動放送を耳にしました。

――まもなく、東松原です。出口は右側です。We will soon arrive at Higashi-matsubara. The doors on the right side will open. 電車とホームの間が広く開いているところがございます。お降りのお客様は、足元にご注意ください。

え!?聞いてないんだけど、そんな放送できたの…

あわててICレコーダーを取り出すと、電池切れ。日々の充電の大切さを思い知りました。

続けて新代田。東松原で鳴ったのに新代田で鳴らないことはないだろうと思っていると、案の定同じ放送が。充電を後回しに怠った自分を恨む結果となりました。

さて、下りではどうでしょう。鳴りませんでした。充電を満タンにしたのに…残念すぎます。

うむ…納得いきません。と言うのも、下北沢駅では放送が流れきる余裕があったにも関わらず、口頭で「足元ご注意ください」と一言。もしメニュー放送ならば、メニュー放送を流すべき場面です。というか、もし、下北沢駅で時間的余裕がないという理由で流されなかったとするならば、新代田到着時に鳴ったのはますますおかしいことになってしまいます。なにせ、東松原~新代田は、京王の中で最も駅間が短い区間なのですから。

定期放送だとしたら、上りだけ設定されているのでは、とも思いましたが、取り立てて上りしか設定しない理由が見当たりません。

それ以前に、井の頭線の自動放送の欄に、メニュー放送があった覚えがありません。放送出力、英語放送、乗換案内、音量、始発放送のみしかなかったはずです。なお京王線にはメニュー放送に加え接続案内の設定ボタンもあります。

メニュー放送が井の頭線に新しく導入された、とも考えられますが、更新が地味すぎる気がします。

まあしかし、井の頭線は自動放送が遅れて導入されたからか、始発放送や乗降促進を京王線より積極的に使用する印象があります。特に、京王線よりも終着駅停車時間が長いことも影響しているのでしょうが、始発放送は必ずといっていいほど流れます。井の頭線の乗務員は、新しい物好きなようで、更新すると使いまくっている印象があります。なので、間隙注意放送を典型的な東松原と新代田で使用したのかもしれません。

やはりメニュー放送だったのでしょうか。謎が大きく残るままですが、ではでは。

※1ヶ月更新がなかったため、広告表示が出てしまっておりました。申し訳ありません。

【お詫び】テスト投稿の消し忘れについてのお詫び

本日まで数日間にわたり、テストと題した記事が当ブログに4件表示されていました。
これは、Twitterとの連携をテストするために投稿したものを、消し忘れていたものです。
現在は削除いたしました。申し訳ありませんでした。

新路線図の色が変だ!

こんにちは。あっという間にまた夏ですね。

かねてより京王より予告のありました、冷蔵庫などに貼れる大きい時刻表が、明大前駅で配布されていたのでもらってきました。裏には初めて見るタイプの路線図がありました。様式はインターネット上に公開されているものにそっくりなのですが、駅構内に貼られている大型路線図(インフォメーションボードの下部)のように、新宿・調布(つつじヶ丘)・飛田給・高幡不動・府中競馬正門前・多摩動物公園・高尾山口・渋谷・井の頭公園の各駅からの沿線の名所が写真入りで掲載されており、また、笹塚~京王線新宿間にも「京王線」の記載があり、表題の「路線案内」のスタイルが変更になるなど、結構な違いがあります。

少し前の記事で、路線図のおかしな点をいろいろと指摘してしまいましたが、今回はいずれもが改善されたようです。恐らく、インターネット上に公開の路線図とは別系統だと思います。

でも、なんか変なのです。色が変だ。本来快速は京王ブルー、特急は京王レッドなのですが、周囲の京王レッド・京王ブルーとは色が異なるのです。全く異なります。青は薄くなり、赤はチェリーレッドから金赤に近くなっています。その他の色も、くすんでいます。さらに、ビットマップの画像は画質が大分悪いです。けい太くんだけはアウトラインなのでしっかりとしていますが、隣のライオンはぼやぼやです。

以上のことを見ればわかる人はわかるでしょうが、恐らくPDFの設定をミスしてインターネット閲覧最適化したものを入稿したのだと思います。インターネット閲覧最適化すると、画像はモニターに表示してきれいにみえる十分な画質に落とされ、カラースペースはCMYKからRGBに変えられます。RGBに変わると、色の風味がかわり、薄っぺらい色になります。また、画像をモニター表示に最適化すると、印刷には到底耐えられない画質になります。その現象が、新路線図に見られました。

また、新しくなってもやはり注文というか問題がいくつかあります。
①明大前の駅名を囲む角丸四角形が僅かに下。他の特急・準特急停車駅と比べてみたらわかると思います。
②名所紹介の写真の長丸が形がどれもいびつで揃ってもない。
③笹塚から京王新線に伸びるところでオブジェクトが被っている上に見た目の太さがばらばら。

こんなところでした。路線図を出すごとに指摘されるなんて京王もかわいそうですね。

以上です。では。

きらきらな携帯電話マーク

プロフィール画像のビットマップ画像を、アウトラインの画像に変更する際に、青いのもつまらないので、なんとなく、きらきらにしてみました。

ただいまYouTubeで使用しています。期限は未定ですが、そのうち元に戻すでしょう。
CellPhone_New_G.png
高画質で見るときれいですね。ぜひクリックして見てみてください。

ではでは。

京王線の運転規則(ダイヤグラム貼り付け)を再現

こんにちは。

先日京王線に乗車した際、乗務主任の方が持っていたダイヤグラムに貼られていた、列車の運転規則の紙を少しばかり撮影させていただいて、Excelで再現してみました。

※この情報は2016年7月11日現在のものであり、最新のものとは異なる場合があります。これらの情報の信憑性につき製作者は何ら保証致しません。製作者は、これらの情報による、もしくはこれらの情報を使用したことによる、いかなる損害の責も負いません。
※実際はHG丸ゴシックM-PROでしたが、嫌いなので、Win7に搭載のWindows TV P丸ゴシックを使用しました。
※漢字表記(「時」と「とき」の混在)や、笹塚駅の「塚の字」を変更しています(笹塚は、正しくは笹(と思ったら正しく表示されない場合もあるようで、下の画像をご覧ください)。線が一本入っています)。また、数字の全角・半角、km/hの表記の統一、罫線の変更など、細かいところで自分好みの最低限の訂正を加えています。

sokudo.png
クリックすると別ウインドウで開きます。

以上です。
プロフィール

KTR8703

Author:KTR8703
フォントと鉄道とコンピューターが好きな暇人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR