新路線図の色が変だ!

こんにちは。あっという間にまた夏ですね。

かねてより京王より予告のありました、冷蔵庫などに貼れる大きい時刻表が、明大前駅で配布されていたのでもらってきました。裏には初めて見るタイプの路線図がありました。様式はインターネット上に公開されているものにそっくりなのですが、駅構内に貼られている大型路線図(インフォメーションボードの下部)のように、新宿・調布(つつじヶ丘)・飛田給・高幡不動・府中競馬正門前・多摩動物公園・高尾山口・渋谷・井の頭公園の各駅からの沿線の名所が写真入りで掲載されており、また、笹塚~京王線新宿間にも「京王線」の記載があり、表題の「路線案内」のスタイルが変更になるなど、結構な違いがあります。

少し前の記事で、路線図のおかしな点をいろいろと指摘してしまいましたが、今回はいずれもが改善されたようです。恐らく、インターネット上に公開の路線図とは別系統だと思います。

でも、なんか変なのです。色が変だ。本来快速は京王ブルー、特急は京王レッドなのですが、周囲の京王レッド・京王ブルーとは色が異なるのです。全く異なります。青は薄くなり、赤はチェリーレッドから金赤に近くなっています。その他の色も、くすんでいます。さらに、ビットマップの画像は画質が大分悪いです。けい太くんだけはアウトラインなのでしっかりとしていますが、隣のライオンはぼやぼやです。

以上のことを見ればわかる人はわかるでしょうが、恐らくPDFの設定をミスしてインターネット閲覧最適化したものを入稿したのだと思います。インターネット閲覧最適化すると、画像はモニターに表示してきれいにみえる十分な画質に落とされ、カラースペースはCMYKからRGBに変えられます。RGBに変わると、色の風味がかわり、薄っぺらい色になります。また、画像をモニター表示に最適化すると、印刷には到底耐えられない画質になります。その現象が、新路線図に見られました。

また、新しくなってもやはり注文というか問題がいくつかあります。
①明大前の駅名を囲む角丸四角形が僅かに下。他の特急・準特急停車駅と比べてみたらわかると思います。
②名所紹介の写真の長丸が形がどれもいびつで揃ってもない。
③笹塚から京王新線に伸びるところでオブジェクトが被っている上に見た目の太さがばらばら。

こんなところでした。路線図を出すごとに指摘されるなんて京王もかわいそうですね。

以上です。では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KTR8703

Author:KTR8703
フォントと鉄道とコンピューターが好きな暇人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR