スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の頭線に新放送か

本日井の頭線に乗車していたのですが、耳を疑う自動放送を耳にしました。

――まもなく、東松原です。出口は右側です。We will soon arrive at Higashi-matsubara. The doors on the right side will open. 電車とホームの間が広く開いているところがございます。お降りのお客様は、足元にご注意ください。

え!?聞いてないんだけど、そんな放送できたの…

あわててICレコーダーを取り出すと、電池切れ。日々の充電の大切さを思い知りました。

続けて新代田。東松原で鳴ったのに新代田で鳴らないことはないだろうと思っていると、案の定同じ放送が。充電を後回しに怠った自分を恨む結果となりました。

さて、下りではどうでしょう。鳴りませんでした。充電を満タンにしたのに…残念すぎます。

うむ…納得いきません。と言うのも、下北沢駅では放送が流れきる余裕があったにも関わらず、口頭で「足元ご注意ください」と一言。もしメニュー放送ならば、メニュー放送を流すべき場面です。というか、もし、下北沢駅で時間的余裕がないという理由で流されなかったとするならば、新代田到着時に鳴ったのはますますおかしいことになってしまいます。なにせ、東松原~新代田は、京王の中で最も駅間が短い区間なのですから。

定期放送だとしたら、上りだけ設定されているのでは、とも思いましたが、取り立てて上りしか設定しない理由が見当たりません。

それ以前に、井の頭線の自動放送の欄に、メニュー放送があった覚えがありません。放送出力、英語放送、乗換案内、音量、始発放送のみしかなかったはずです。なお京王線にはメニュー放送に加え接続案内の設定ボタンもあります。

メニュー放送が井の頭線に新しく導入された、とも考えられますが、更新が地味すぎる気がします。

まあしかし、井の頭線は自動放送が遅れて導入されたからか、始発放送や乗降促進を京王線より積極的に使用する印象があります。特に、京王線よりも終着駅停車時間が長いことも影響しているのでしょうが、始発放送は必ずといっていいほど流れます。井の頭線の乗務員は、新しい物好きなようで、更新すると使いまくっている印象があります。なので、間隙注意放送を典型的な東松原と新代田で使用したのかもしれません。

やはりメニュー放送だったのでしょうか。謎が大きく残るままですが、ではでは。

※1ヶ月更新がなかったため、広告表示が出てしまっておりました。申し訳ありません。
スポンサーサイト

新路線図の色が変だ!

こんにちは。あっという間にまた夏ですね。

かねてより京王より予告のありました、冷蔵庫などに貼れる大きい時刻表が、明大前駅で配布されていたのでもらってきました。裏には初めて見るタイプの路線図がありました。様式はインターネット上に公開されているものにそっくりなのですが、駅構内に貼られている大型路線図(インフォメーションボードの下部)のように、新宿・調布(つつじヶ丘)・飛田給・高幡不動・府中競馬正門前・多摩動物公園・高尾山口・渋谷・井の頭公園の各駅からの沿線の名所が写真入りで掲載されており、また、笹塚~京王線新宿間にも「京王線」の記載があり、表題の「路線案内」のスタイルが変更になるなど、結構な違いがあります。

少し前の記事で、路線図のおかしな点をいろいろと指摘してしまいましたが、今回はいずれもが改善されたようです。恐らく、インターネット上に公開の路線図とは別系統だと思います。

でも、なんか変なのです。色が変だ。本来快速は京王ブルー、特急は京王レッドなのですが、周囲の京王レッド・京王ブルーとは色が異なるのです。全く異なります。青は薄くなり、赤はチェリーレッドから金赤に近くなっています。その他の色も、くすんでいます。さらに、ビットマップの画像は画質が大分悪いです。けい太くんだけはアウトラインなのでしっかりとしていますが、隣のライオンはぼやぼやです。

以上のことを見ればわかる人はわかるでしょうが、恐らくPDFの設定をミスしてインターネット閲覧最適化したものを入稿したのだと思います。インターネット閲覧最適化すると、画像はモニターに表示してきれいにみえる十分な画質に落とされ、カラースペースはCMYKからRGBに変えられます。RGBに変わると、色の風味がかわり、薄っぺらい色になります。また、画像をモニター表示に最適化すると、印刷には到底耐えられない画質になります。その現象が、新路線図に見られました。

また、新しくなってもやはり注文というか問題がいくつかあります。
①明大前の駅名を囲む角丸四角形が僅かに下。他の特急・準特急停車駅と比べてみたらわかると思います。
②名所紹介の写真の長丸が形がどれもいびつで揃ってもない。
③笹塚から京王新線に伸びるところでオブジェクトが被っている上に見た目の太さがばらばら。

こんなところでした。路線図を出すごとに指摘されるなんて京王もかわいそうですね。

以上です。では。

井の頭線の爆弾ドア

こんにちは。

本日乗車しました井の頭線1705編成の4号車(1105号車)1番ドアの山側(上り電車での左側のドア)が、ドアエンジンの故障だかで爆弾ドアになっていました。音が破壊的でしたので、2番ドア寄りに立っていても「今の音は何だ」と思うくらいでした。なんだか扉が壊れてしまいそうなくらいな音を立てます。いずれ音を公開するかもしれません。あんなドアには挟まれたくないものです…

以上です。

【訂正】井の頭線1701Fに乗れました

先ほどの記事をいくつか訂正いたします。

明大前 の次は 明大前 にとまります」→「明大前 の次は 下北沢 にとまります」

また、やはり、コイト製のパッとビジョンだったようですね。すみません。ドアや路線図のイラストより判明しました。コイトも7000系などに導入されているのよりもだいぶ視認性やデザインが変わったのですね・・・。簡体やハングルのフォントで気づけなかったのは残念・・・。

井の頭線1701Fに乗れました

本日、ついに井の頭線の1701Fに乗れましたので、備忘録を兼ねて気づいたことを書こうと思います。

・VVVFが変わった。
・運転台の大枠は変更なし。モニタは基本的な形は変わらないが、放送関係の項目が増えた。永福町接続の項目が少し変わった。ドアスイッチは8000リニューアル車と同様、ドアランプ対応の電子スイッチに変更。放送装置は、マイクは変わらず、放送操作器はN1000と同様に。
・化粧板は模様がつき、証明はLED管へと変更になった。
・自動放送がついた。乗降促進も可能。放送内容の選択も、①自動放送の有無、②英語放送の有無、③乗換放送の有無、④放送音量の調節(標準/小)とN1000と変わらない。
・ドアはE233。ドアエンジンはわからない。
・[ドア上液晶]コイワ製のパットビジョン大型という意見を聞くが、個人的には日立だと思う。
・[ドア上液晶]N1000と違い、全体でモリサワの「UD新ゴDB」を使用。欧文も同様。ナンバリングも同様。全体的に級数が大きくなり、視認性は格段に増した。人にやさしい印象。京王のLCDといえば、駅名は無駄に大きく、英語だけウェイトが無駄に太く(Helvetica Neue Bold)、日本語は、新ゴを使うはいいものの、次駅表示にMを使い、訳のわからないところにBを使うという意味不明な使い方、しかも級数の差がありすぎて見にくく、駅構内地図の更新月などは下過ぎる上に小さく、下手したら枠に隠れて全く見えないなんていう、視認性は1、2を争う低さであったが、今回の更新でとっても視認性が上がった。
・[ドア上液晶]表示内容はさしてかわらないが、優先席は青をベースとした関東私鉄の標準。優先席付近電源OFFはルール廃止に伴い、忘れ物注意喚起へと変更。
・[ドア上液晶]イラストは全体的に変更。個人的な印象ではダサくなった。見やすい代わりに、視覚効果がなくなった。ドア開表示も開いたまま。例えるならばWindows7がWindows8や10になったような感じだろう。ドアのイラストはとにかくダサい。
・[ドア上液晶]ナンバリングあり。路線図にもあり。
・[ドア上液晶]中国語(簡体)、ハングルにも対応(急行のみ)。以前と変わらない。
・[ドア上液晶]終点は、「次は終点」と書くようになり、終着及び始発では、乗車への感謝の表示が流れるようになった。
・[ドア上液晶]画面の下部で文字のスクロールができるようになった。ここで、急行の次駅表示(例:「明大前 の次は 明大前 にとまります」)、京王からのお知らせ(例:警戒強化、高尾山温泉など)、運行情報が流れる。

以上です。情報全ては書けていませんので、質問がありましたらコメントをお願い致します。

※携帯メールによる投稿のため、HTMLタグが乱れている・画像のサイズがおかしい・画像がないなど、表示に不具合が生じている可能性がありますがご了承ください。
プロフィール

KTR8703

Author:KTR8703
フォントと鉄道とコンピューターが好きな暇人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。